1ヶ月半で精神障害者保険福祉手帳3級取得した道のり基準

障害者手帳表紙障害
スポンサーリンク

先日、精神障害者保険福祉手帳3級取得したのですが、あまりにも簡単に取れてしまったので自分でも驚いています。

「あぁこれで社会に障害者として認められたんだな」

と不安と安堵といろいろな気持ちが入り混じっていますが、せっかくなので取得までの道のりと実際の手帳の写真やメリットなどを記事にしたいと思います。

僕自身が 精神障害者保険福祉手帳を取得できた理由は単純で初診日から6ヶ月以上経っていたこと、精神障害者保険福祉手帳3級の要件に合っていたからです。

当たり前なのですが、条件・要件に合っていなければいくら騒いだところで手帳はもらえませんので取得には冷静に対応したいところです。

この記事が誰かのために少しでも参考になればと思います。

特に就職のために障害者雇用を使いたいと急いでいる方はチェックです。ただ、もしお金に余裕があるなら、焦らず、今後のために一度立ち止まってもいいかもしれません。焦る気持ちは十二分にわかりますが、同じことの繰り返しをすると僕みたいに八方ふさがりになってしまいますよ?

僕は自己破産生活保護も経験していますので、皆様の気持ちはよくわっかっているつもりです。(上から目線ではなく)

なので、落ち着いて、今後長く働く(長く働くことが良いわけではありませんが)ためにどうすれば一番なのかゆっくり考えていきましょう。

※自身の体験を記事にしているので、最終的な判断は行政にお聞きくださいね!

スポンサーリンク

精神障害者保険福祉手帳3級取得までの道のり基準

2018年12月20日くらいに申請し、2019年1月21日に障害者手帳取得。

期間約1ヶ月。

順番に取得までの道のりを説明していきます。

1、仕事を退職し、精神科にかかる

2018年11月後半頃です。退職は12月末でしたが、すでに仕事に出勤できなくなっていました。

引っ越したので、新しく精神科を探し、かかることになりました。

2、自立支援医療を申請する

精神科にかかり、三回目?ですでに申請できました。お医者さんとの信頼関係はまだないはずですが…。(病院としても患者を囲いたかった?気がしなくもないです笑)

3、精神障害者保険福祉手帳を取得したいと区役所に相談する

いきなり申請は相手も不信をいだくのではと思ったので、一度目は相談しに行きました。ついでに国民健康保険の加入などの相談などもかねて。

4、精神障害者保険福祉手帳を取得したいと医者に相談する

お医者さんには「診察が6ヶ月過ぎてからね」と言われましたが、

「昔かかっていた精神科に問い合わせると、初診日からすでに8年経過していました。今回の取得は自分自身で「俺は障害者だ」と受け入れ、安定して働くために必要です。なのですぐに申請したいです。」

とはっきり伝えました。思いが伝わったのか、転院して日が浅い僕に診断書をかいてくれました。

※昔かかっていた病院に紹介状をかいてもらいました。初診日の証拠が必要なのでかならず取り寄せましょう。

5、区役所に障害者手帳を申請したい旨を伝えると、申請のフォームがインターネット上にあるとのことで、そのことを病院に伝え、申請書を準備してもらう

8000円くらいかかりました…。まだ失業手当もない中で本当に痛い出費です。

6、区役所に提出。この頃に「自立支援医療」の審査が通過が決まる。

2018年12月20日頃提出。その場で職員の方に「いつ結果がわかりますか?」と聞きました。審査は来週くらい、結果は年明けになります。」と言われる。

7、1ヶ月で合否の判定のみ聞く

障害者手帳申請時にも区役所の職員の方にも聞きましたが、年明けの2019年1月7日にも電話で進捗状況を聞きました。障害者雇用に応募したかったのでどうしても急いでいることを伝えました。役所なのでテンプレートで

「障害者手帳取得までには2~3ヶ月かかります。審査が通りましたらお手紙をお出ししますので」

と言われましたが、

「そのことは存じておりますが、生活保護に戻らないためにもすぐに仕事を見つけなくてはいけませんので、審査の結果がいつわかるかだけでも教えてください。」

とねばると1月末までにはわかりますと回答をくれました。

(おいおい2~3ヶ月かかるのでは…?笑 と思いましたが)

審査自体は2019年1月15日までに終わるので、もしかしたら来週わかるかもしれませんとも言われたので「ではまた来週お電話しますね。」と伝えて終わりました。

8、トータルで1ヶ月半後に区役所に手帳を取りに行き、その場で3級だと判明する

約束通り区役所に電話すると「お電話ではお答えできません」とテンプレートで返され、「そちらが了承したのですが~」と言いましたが、公務員が間違えたの認めるはずないんで「ではそちらに伺いますので」と区役所を訪ねました。2019年12月22日?だったかな

結果だけ聞きに言ったつもりでしたが、その場で障害者手帳が出来上がっているのでと渡されました。

ざっくりこんな流れで取得しました。

実際の障害者手帳の写真、中身

障害者手帳表紙
障害者手帳中身

参考までに

僕自身の精神科の初診日は2011年でした。一番体調が悪かった時にかかっていた病院に問い合わせると記録が残っていました。

医療ソーシャルワーカーの友達に聞いたところ医療機関では5年以上の個人の記録が残っていない場合もあるとのことで運が良かったと思います。

大学病院などはきちんと記録が残っていることもあるそうなので、初診日を思い出す際には5年という一般的な基準にとらわれず、電話で問い合わせてみるのが重要です。

精神科の初診日と医者の診断書が本当に重要

なぜ精神障害者保険福祉手帳3級を取得できたのかを100%の答えを僕は言えません。すべては区役所の判断基準です。

他のサイトも予想しているだけで実際に合否の判断を出した人(区役所の人、内部の人)以外は絶対に答えはわかりません。

「手帳はこうしたら取得できる!」

のようなサイトがあったら確実に調べて予想して書いてるだけなので信用しないほうがいいと思いますよ。

僕自身が取得できたのは

①自立支援医療受給者証(精神通院医療)を取得していた。

②転院前の初診日が8年前だった

③退職していた

この3つが要因だと思います。(ほぼ確信しています。)

障害者手帳を取得する方法はいろいろなサイトに書いてありますが、実際の体験が少ないと感じていたため、僕の体験が誰かの参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました