空をとぶ鳩

障害

【ヒント】精神障害者手帳3級に落ちた時にするべきこと3つ

スポンサーリンク

当事者
当事者

精神障害者手帳3級に落ちた!どうしたら申請が通るのか知りたい!


こんなお悩みを見かけたので答えます。

精神障害者手帳3級に落ちたけど、障害者枠の求人に応募するためにどうしても精神障害者手帳が必要だ。どうしたら申請が通るのか知りたい。

という方に向けた記事になっています。


この記事を見ると

精神障害者手帳3級取得の可能性が高まる
審査方法がわかる


かなと思います。

✅私の簡単なプロフィール

・精神障害者保健福祉手帳3級所持
・精神障害者保健福祉手帳2回更新
・障害者枠の公務員採用試験に合格。


今回の記事の根拠になるかなと思います。

それでは続きをどうぞ。


精神障害者手帳3級に落ちた時にするべきこと3つ


まずは精神障害者手帳3級に落ちた時にするべきこと3つの結論です。

①初診日を正確に伝えているか

②精神障害者手帳取得の判定基準に当てはまるように精神科のアンケートに答えているか

③今までと現在の症状を正確に医師に伝えているか



この3つがクリアしていればまず申請を却下する理由にはならないと思われます。
順番に解説していきます。

①初診日を正確に伝えているか


障害者手帳の取得は初診日から6ヶ月経過している必要があります。
この6ヶ月という期間は絶対順守なので減ることはないです。6ヶ月経過していなければ取得できません。申請しても落ちるだけです。

例をあげてみます。

【例】
2021年1月1日が初診日の人

→2021年の6月30日ではまだ5ヶ月なので申請できません

→2021年7月1日以降申請ができます。

ただし今も通院していないと手帳の発行はできません。


私の場合は初診日が10年以上前とわかっており、初診の病院に記録があったので診察の記録を取り寄せました。その記録を現在通院している医師に渡して、精神障害者保健福祉手帳の診断書を書いてもらいました。

この初診日ですが、精神に関わる初診日なので必ずしも精神科の初診日ではないです。体調が悪くなり、精神科へ通うことのきっかけになった病院がどこなで、いつからなのかが重要です。

初めて精神に関わる体調不良で、その当時に行ったのが内科なら内科が初診日になるので記録がないか病院に問い合わせてください。

障害者として認定されるには明確な期間は書いていませんが、
長い期間治療に時間がかかっていることは障害があるといえるので、初診日を一生懸命探したほうが良いと思います。

障害者年金の申請にも初診日が必要なので忘れないようにしましょう。

余談ですが、障害者年金は1年6ヶ月経過後からの申請になっています。

②精神障害者手帳取得の判定基準に当てはまるように精神科のアンケートに答えているか


前回の記事でもお伝えしているのですが、

精神障害者手帳発行の診断基準は国から出ています。

その国の基準に照らし合わせるのは医者が書く診断書になります。
診断書の中身は医者によりますが、診断書にどうかいてもらうかはあなたがどう伝えるかによります。
伝え方によって精神障害者手帳の審査に受かるか落ちるかが決まりますので、申請前に伝え方を確認します。

精神障害者手帳用の診断書には

自発的にできる=0点
自発的にできるが援助が必要=1点
援助があればできる=2点
できない=3点

という項目があります。


各項目ごとに点数を出していき、基準を超えれば取得できます。もちろんあなたの病気なども考慮されますが、できるだけ高得点を取っていくことで精神障害者保健福祉手帳の審査で落ちなくなります。

精神障害者手帳3級に落ちた方はこの点数が低かったんだと思います。

精神障害者手帳用の診断書を書いてもらうにあたり、お医者さんから現在の精神状態等を記入するアンケート用紙を渡されると思います。
渡されない場合は口頭で説明することになります。

アンケートに答えるときにがんばればできることを自発的にできるに〇をしてしまう人がいるかと思いますが、それはいけません。あくまでがんばらずに、ありのままの自分の症状を書いてください。

その時に嘘は禁止です

しかし「がんばればできること」は「援助が必要」なことです。

援助が必要なら自発的にできるに〇は付けられないはずです。

嘘はよくありませんが、無理すればできることを答えず、ありのままの自分でいる場合の症状を記入しましょう。

③今までと現在の症状を正確に医師に伝えているか


私は精神障害者手帳を申請するにあたり、障害者枠の公務員の試験にどうしても精神障害者手帳が必要でした。

採用試験の日が迫っており、絶対に精神障害者手帳を取得する必要がありました。

私は国が資料として提供している精神障害者手帳の判断基準を読み込み、
一つ一つ自分の精神の症状を当てはめていきました。

すると私に精神障害者手帳を発行しない理由が見つかりませんでした。

しかし、精神障害者保健福祉手帳の発行にはお医者さんの診断書が必ず必要です。この診断書を基準に精神障害者保健福祉手帳を発行しているとも言えるくらい重要視しています。

そこで自身の症状を正確にお医者さんに伝え、どう記入してもらうかが鍵でした。

初診日を正確に伝え、今までの症状と現在の症状を伝え、アンケートにはありのままの自分で答えました。

その上で精神障害者保健福祉手帳がどうしても必要だとお医者さんに伝えました。診断書の中身のコピーがもらえなかったのが残念ですが、

現在精神障害者手帳3級の手帳を所持しており、精神障害者手帳の更新も経験したのでこの方法は正しかったといえるのではないでしょうか。


【参考】精神障害者保健福祉手帳3級についての国や各自治体の基準

ヤシの木と海


精神障害者保健福祉手帳3級についての国や各自治体のの基準では

精神障害であって、日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの)精神障害の状態が、日常生活又は社会生活に制限を受けるか、日常生活又は社会生活に制限を加えることを必要とする程度のものである。

厚生省保健医療局長通知より

例えば、一人で外出できるが、過大なストレスが かかる状況が生じた場合に対処が困難である。デイケア、障害者自立支援法に基づく自立訓練(生活訓練)、就労移行支援事業や就労継続支援事業等を利用する者、あるいは保護的配慮のある事業所で、雇用契約による一般就労をしている者も含ま れる。日常的な家事をこなすことはできるが、状況や手順が変化したりすると困難が生じてくることもある。清潔保持は困難が少ない。対人交流は乏しくない。引きこもりがちではない。自主的な行動や、社会生活の中で発言が適切にできないことがある。行動のテンポはほぼ他の人に合わせることができる。普通のストレスでは症状の再燃や悪化が起きにくい。金銭管理は おおむねできる。社会生活の中で不適当な行動をとってしまうことは少ない。

埼玉県所沢市の精神障害者保健福祉手帳障害等級判定基準より


となっています。

まとめ


精神障害者手帳の取得方法を教えてくれるサイトは山のようにあるのに、
実際取得した方法はどこにも書いてなくて困ったので記事にしてみました。

前回の記事も役に立つと思うのでよかったら参考にしてください。

https://ikiruzo.net/disability/disability-certificate2

精神障害に関わる無料ラジオ放送

stand.fm (スタンドエフエム) 始めました!

精神障害者保健福祉手帳3級のメリットを含め、細かい気持ちをお伝えしていくのでよかったらきてください。パソコンでも聞けますよ!

以上です。

スポンサーリンク

-障害

© 2015 どん底から立ち直りブログ