障害関連

精神障害者が在宅ライターで月3万円以上稼ぐ方法【初心者でもできます】

2021-04-06

英文紙と眼鏡

スポンサーリンク

精神障害を持っている私は日頃からフルタイムで働くこと、
外で働くことが難しいと感じていました。

会社で勤めると勤務時間、休日の制約があります。

安定した給料がもらえるとわかっていても
時間と休日の制約がある会社で働くことは精神的に本当に辛いです。

しかしお金を稼がないと生きていけません。

私は精神障害保健福祉手帳3級を持ち、
現在はブログとライターとして生きております。

ブログ歴は6年で、ブログのみ運営しておりましたが
ブログ活動で学んだライティングを生かして試しにライターをしてみました。

ライターの仕事をすると簡単に稼げることがわかったので記事にまとめて体験談として残します。

全くの初心者でも無理なく始められるようにまとめますので、
精神障害者の方が在宅でも働ける方法の参考になればと思います。


✅私の簡単なプロフィール

・精神障害者保健福祉手帳3級所持
・障害者雇用の公務員採用試験に合格。
・責任者として障害者の採用を担当した経験あり。

https://twitter.com/donburo_hikaru/status/1380361076101894144?s=20

※追記 2021年4月9日 公開後3日でこのnote売れました!

 

精神障害者が在宅で月3万円以上簡単に稼ぐ方法

タイプライター

精神障害者が在宅で月3万円以上簡単に稼ぐ方法は

ライター

です。

ライターとは文章を書くお仕事です。

良くあるライターのお仕事は

・育毛剤について商品レビュー
・子育ての体験談
・経営者向け雑誌記事

などです。

依頼内容のはライター側が自由に選ぶことができます。

ライターの仕事は山のようにありますので、
自分の体験談をマッチしているお仕事を選べばあっという間に文章を完成させることができます。

経験してないライターの仕事も獲得して稼いでいくと月に20万も夢の話ではありません。

月に20万円手取りであれば贅沢とは言えませんが楽しく生活ができると思います。

初心者でもライターで稼げる記事の書き方については記事下にまとめます。

ちなみに私が簡単に稼げたライターの仕事をもらっているのは

ランサーズ

です。

 

ランサーズは無料で登録ができ誰でも、今日からでも参加できます。
初めて登録したのは5年前になりますが、
その時は興味本位で登録だけしていたのですが、まさか仕事になるとは思いませんでした(笑

障害者雇用の公務員として働いていたので副業できませんでしたが、
今は安定してブログとライターの仕事こなしています。

もし障害者雇用で働くことも難しいと感じている方はライターの仕事をしてみてください。

精神障害者ライターが実際ランサーズでいくら稼げたのか

ライターとしては初心者の私が初めて稼いだお金は

¥8,982円

でした。
この金額は1500文字の記事を3記事書いた料金です。
手数料、税金が引かれた手取りになります。

12記事書けば月に約35,000円になります。

66記事書けば月に20万円です。

「66記事なんて書けないよ!!!」

と数字だけ見ると思うかもしれませんが、

書き方テンプレートを使えば1500字は1時間以内で書けます。
30記事書く間に文字単価は上げられるのでどんどん作業は減ります。

文字単価4円で1500字、3記事の手取りは約14,000円なので

42記事書けば月に20万円です。

1日3記事3時間

とすると14日間で仕事完了です。

在宅勤務、週3~4日勤務、一日3時間
報酬:月200,000円(手取り)

と書き直すとわかりやすいですね。

精神障害があっても簡単にライティングの仕事が獲得できる方法

人形が取材

実際に私がライターの仕事をもらった方法を順番に書いていきます。

 

どうやって仕事を獲得するのか

まずはランサーズに登録します。
仕事の探し方はランサーズ公式サイトで詳しく書いてあるのでそちらで確認してください。

ランサーズ公式

パソコンの場合

「仕事を探す」

「ライティング・ネーミング」

「ライティング」

「記事作成・ブログ記事・体験談」

で多くの仕事が見つかりますので好きな仕事探してください。
ランサーズでは仕事をしたい人は「提案」をします。

提案」とは「仕事をください!」という意思表示です。

できるだけ多くの企業に提案して仕事をばんばんもらいましょう。
いっぱいもらって文字単価を上げて在宅勤務を楽にしましょう。

ライティング経験がない人が仕事を簡単にもらう方法

ライティング経験がなくても簡単に仕事をもらえる方法は

残り日数が少なく、提案が少ない案件に応募する

ことです。

ランサーズを使い発注している企業の多くは期限があります。
期限までに一定の記事数を獲得する必要があります。
しかしランサーズで記事を発注をしたからといって必ず一定数の応募があるとは限りません。

ランサーズで発注者側を経験してみたので根拠がある

実はこの記事を書く前にランサーズで発注者側を経験しました。

自身のブログ記事の更新が私用と重なりどうしても更新頻度が落ちてしまったので
ランサーズを使いブログ記事を書いてくれる人を募集しました。

ありがたいことに私の発注への提案は22件と多くのライターさんからの応募がありました。

しかしランサーズを見ていると
期限3日前でも応募が1~3件という残念な依頼も多く見かけます

発注者側からするとめちゃくちゃ焦ります。

そこで救いの手を差し伸べたらどうなるでしょうか

商談成立します

してやったりですね(笑

起業は記事を書いてほしい
こちらはお金が欲しい

WIN‐WINです!

なので、

ライティング経験がなくても簡単に仕事をもらえる方法は

記事作成依頼の納期までの残り日数が少なく、
提案が少ない案件に応募すること


になるわけです。

さらにライターの仕事をもらいやすくする方法

さらにライターの仕事をもらいやすくする方法があります。

プロフィールを充実させること
提案文を充実させること


期限ぎりぎりの依頼に応募してもプロフィールがあまりにもおかしいと企業は採用してくれません。

プロフィールはあなたの身分保障のようなものなので丁寧に作りましょう。

プロフィールもライティングの提案文もテンプレートがあります。

簡単に仕事をもらったテンプレート載せます。
コピペOKです。

ランサーズ用プロフィールテンプレート

パソコンとメモ


以下のテンプレート内容に沿ってプロフィールを簡単に作ってみましょう。

◆あなたのキャッチフレーズ
◆得意ジャンル・ワード
◆稼働時間
◆連絡手段
◆執筆ペース
◆記事の書き方
◆発注者様のメリット

◆ や ・ を使い見やすいプロフィールにします。

あなたのキャッチフレーズ

私の場合は

4000字2時間執筆。

としました。ここで起業に印象をつけるのですが見栄を張るくらいでちょうど良いです。
※嘘はつかないこと

得意ジャンル・ワード

私の経験したことを全て並べました
ここが一番大切なところなので経験したことできるだけたくさん羅列しましょう。

・障害
・精神障害者
・障害者手帳
・生活保護
・自己破産
・LGBT
・障害者枠
・障害者採用の公務員
・SEO関係
・保育
・教育
・子育て
・児童

経歴

アルバイト経験でも、就労移行支援、就労継続支援でも何でも書きましょう。
私の場合は

・教員
・学童保育指導員
・施設運営責任者
・障害者枠公務員
・アフィリエイトブログ歴 6年

ちなみにアメブロや日記を毎日書いている人もブログ歴として載せましょう。

稼働時間

実際にライティングできる時間を載せます。

精神障害があると毎日元気とは言えないと思います。
無理のない範囲で。

今はスマホでも文章書けますので寝ながらスマホで文章考える時間も活動時間とします。
私の場合は以下のようにしました。

・平日 6時間~8時間
・土日 要望に応じて

実際企業は土日には返信してきませんので安心してください。
ただ土日も実は働けますよという意気込みを載せているだけです。

連絡手段

ランサーズでは直接のやり取りを禁止にしています。
ランサーズチャットでWordなどの文章も送れますので個人情報も安心です。

私の場合は

・ランサーズチャット
・メール 24時間受付、深夜対応可
・電話、Line、Skype、zoom、Chatwork、顔出し可能。土日要相談。

上記のようにしましたが、実際ランサーズチャット以外の要求はありませんでした

執筆ペース

ここは初心者は無理ない範囲で書きましょう。

2000字 週2~3本 なら一般的です。

書き方テンプレートに沿えば余裕な本数なので嘘ではない執筆ペースです。
私の場合は下記のようにしました。

目安:毎日4000字記事1記事納品
5000字以上、専門記事はリサーチ時間が必要になっているため2~3日はお時間をいただいております。即納、1日2記事は別途相談

 

記事の書き方

記事の書き方については私の文章丸パクリOKです。
当たり前のことを列挙しているだけです。

わかりやすさ、結論が先にわかる記事の構成をしています。

読者の悩みを解決できる記事を書いております。


テンプレートがある場合は発注者のスタイルに合わせております。

発注者様のメリット

仕事では相手方をクライアント様と呼びますが、
ランサーズでは依頼している企業の担当者は「発注者」という言葉になれているので
あえて発注者様とします。

ここでは意気込みを書き相手にとって私を採用したらお得だよアピールするところです。

必ず書くのは

・無駄な文字数カット、修正依頼は基本的に何度でも受け付けてます。

の一文です。
私の場合はこんな感じにしました。

・企業勤めをした経験あり。ビジネスマナーの基本はを学んでいます。

・無駄な文字数カット、修正依頼は基本的に何度でも受け付けてます。


・運営責任者の経験から社内人事に向けたプレゼンテーション、人事課向けの評価が上がる記事を作成できます。

最後に

「最後に」は営業でいうクロージングになります。
私の場合は下記の通りにしました。

発注側をメインに自身でもブログ発信し、発注のレベルを上げています。初めて外注される方もご相談ください。

別サイトでも活動しておりますので、スケジュール調整が必要です。


私の場合は「依頼する側の経験」を売りにしました。

発注した側を経験しているから企業の気持ちがわかりますよとアピールしているわけです。

もし同じ手法を使いたい場合は1度でも発注すれば嘘にはなりませんので試しに文章発注してみてください。
500円で500文字とか発注すれば提案ばんばんきますので、
500円で経験が買えます。

ランサーズ用提案文テンプレート

 

ご担当者様

お世話になっております。
依頼を拝見し、自身の経験が生かせると思いご提案させていただきます。

・WordPress 6年
・アフィリエイトブログ歴 6年

過去に書いた記事
https://ikiruzo.net/disability/employment-examination14

詳しくはプロフィールをご覧ください。

よろしくお願いいたします。

◆稼働時間
・平日 6時間~8時間
・土日 要望に応じて

◆連絡手段
・ランサーズチャット
・メール 24時間受付、深夜対応可
・電話、Line、Skype、zoom、Chatwork、顔出し可能。土日要相談。

ランサーズ用提案文テンプレートのポイント

プロフィールをそのまま用いてるだけですがポイントがあります。

・過去に書いた記事があれば必ず載せること

しかし、初めてのライティングだライティング経験がないと思います。
その場合は

初めてのライター経験ですが今後もライターとして成長していきますのでよろしくお願いします!

気持ちをアピールしましょう。

実際発注側の経験から、初心者ライターさんの応募はかなりありました。

そして初心者ライターも採用しました。

ライターさんを選ぶのは人間なので最後は義理と人情で勝負です笑

システマティックに経歴のみで採用したい企業は最初から

初心者ライターお断り

で依頼しているので、初心者OKにする企業はわりと個人のやる気見ています。

しっかり気持ちをアピールしてください。
長すぎるとめんどくさい人になるので短めに!

【ランサーズ】初心者ライターが注意する3つのこと

砂にNOの文字

ランサーズでライティングの仕事をしているとこれは注意しないといけないなと思うことがありましたのでまとめます。

怪しい依頼がある

怪しい依頼があります。
例えば

FXに関する記事。
あるサイトへ登録してもらい、そのレビューを書いてください。

1記事10,000円~
文字単価3円
1000字程度

このような依頼に提案はしてはいけません。
これはライターにFX口座を開設させる違反行為です。

だいぶ悪質です。

単価が異常に低い

単価1円以下は基本的に受けなくて良いです。
どうしても実績がつけたい方は0.5円までにしてください。

1記事1000字200円
記事が良ければ継続して依頼します。


このような依頼は安く記事を書いてもらいたいだけなので信用できません。
本当に継続依頼してくれる企業は

初回テストライティング
1000文字500円
2回目 1500文字1000円
以降 文字単価1円スタート、3円まで

のように載せています。

ただ私の体験としてはテストライティングがない案件に応募することをおすすめします。

わざわざテスト受けるメリットは感じません。

合格後に文字単価5円以上になる可能性があればくらいですね。

こちらとしても人材を大切にしている人の記事を書きたいじゃないですしね。

無理してもお互いに困るだけ

ライターさんからの応募で

「深夜まで働けます!」

のような意気込みの方がいますが、
そこまで無理してもらわなくてもと思ってしまいます。

無理させて記事を書いてもらいたいとは誰も思っていないので、
意気込みは心にそっとしまっておき、
やれる範囲でがんばりましょう。

初心者ライター向けの書き方テンプレート【公開】

私はランサーズで初心者ライターさんにも仕事を依頼しています。
ライターさんによって記事の書き方はバラバラです。

そこでライターさんの記事の書き方を統一するために

書き方テンプレートを毎回お渡ししています。

今回は書き方テンプレートから抜粋しました。

基本的にライティングの書き方は決まっています。
どんなジャンルでも基本は

①主張
②理由
③根拠
④具体例or体験談


です。この書き方をシンプルに守ることが大切です。

仕事を受けていただきありがとうございます。どうぞよろしくお願い致します。

テンプレートの順番に書くと書きやすいと思いますので最後までお読みください。

■基本的な本文の書き方は1-5になります。

1 主張・この記事で主張したいこと

2 理由・なぜ、そう伝えたいのかの理由

3 根拠・その主張が正しいことの根拠

(4 反論への理解をしめす)←内容によっては書く必要ないです。

5 具体例 ・その主張が正しいことを示す具体例(根拠と具体例がセットになっても構いません。)

この1-5の書き方で見出しを3題作ります。1題につき500文字を3回繰り返すと1500文字、まとめを200字とすると2000字以下に収まります。

 

この書き方テンプレートは私もブログ作成時には必ず使っていています。
今回は書き方テンプレートの一部抜粋になります。
書き方テンプレートにキーワードを入れて書けばあっという間に終わるので簡単です。

初心者では記事を書くのは難しいと勘違いしている方が大半です。

ほとんどのブロガーさん、ライターさんはテンプレートを利用しているだけです。

知っているか知らないかで記事を書く速度も、内容の濃さも変わってきます。

書き方テンプレート全文はnoteで公開しています。

 

精神障害があって外で働けないならライターになろう

精神障害は本当にやっかいで、何もなくても急に体調が崩れたり、ふと気分が落ち込んだり、ハイになったりと困りものです。

会社で勤めるとこちらの障害に対して理解がなく辛い気持ちになることもあります。

なら在宅で働けば良いです。

在宅なら急に体調が悪くなってもなんとかなります。
ライターの仕事で

今日中にやらないといけない仕事

はまずありません。期限も長いです。

焦ることはあまりありません。

もし私のように精神障害があって、働きたい気持ちはあるのに働けない、
でもお金が欲しいと思っている方はぜひライターの仕事やってみてください。

どうしても仕事ができない時は依頼を断ることもできます。

リスクはないのでとりあえずやってみようくらいでチャレンジしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

人気の記事

赤ちゃんとハテナ 1

目次1 公務員採用試験合格方法は面接試験を制すること1.1 障害者採用の公務員試験の流れを確認しましょう。1.2 書類選考1.3 教養試験と論述試験1.4 障害者採用の公務員試験は何時間の勉強が必要か ...

障害者手帳表紙 2

目次1 【簡単?】1ヶ月半で精神障害者保険福祉手帳3級取得した道のり基準1.1 仕事を退職し、精神科にかかる1.2 精神障害者保険福祉手帳を取得したいと区役所に相談する1.3 精神障害者保険福祉手帳を ...

英文紙と眼鏡 3

目次1 精神障害者が在宅で月3万円以上簡単に稼ぐ方法1.1 精神障害者ライターが実際ランサーズでいくら稼げたのか2 精神障害があっても簡単にライティングの仕事が獲得できる方法2.1 どうやって仕事を獲 ...

-障害関連
-

Copyright - どん底から立ち直りブログ, 2015 All Rights Reserved.