ミニ試験問題

ミ ニ 試 験 問 題 【 経 済 】

2022-11-23

1980年代以降におけるわが国を中心とした経済の動向に関する次の女中のA〜Eに入る語句の組合せとして正しいのはどれか


1980年代前半、日本経済は(  A  )の下で輸出が伸びたことなどから貿易照客が増大し、各国との間で貿易摩擦が生じた。こうした中で、主要先進国(G5)は、1985年の(  B  )で外国為替市場に協調して介入することを決定し、これを契機に急速に(  C  )となった。わが国はこの時期以降、内需主導型経済への構造転換を図ることとし、( D )をとった。このため、設備投資 が伸び、消費も活発になったが、地方で  (  E  )の高騰が引き起こされた。

     A     B       C        D       E
1.ドル安・円高 プラザ合意  ドル高・円安 企融引き締め政策 消費者物価
2.ドル安・円高 ウルグアイ・ラウンド ドル高・円安 金融緩和政策   土地などの資産価格
3.ドル高・円安 プラザ合意  ドル安・円高 金融引き縮め政策 消費者物価
4.ドル高・円安 プラザ合意  ドル安・円高 金融緩和政策   土地などの資産価格
5.ドル高・円安 ウルグアイ・ラウンド ドル安・円高 金融引き締め政策 土地などの資産価格

正答とミニ解説は下にスクロールすると出てきます

正答

解説

A.「ドル高・円安」が入る。1980年代前半のアメリカではレーガン政権の下で金利の高い状態になっており、ドル高になっていた。


B.「プラザ合意」が入る。アメリカが膨大な「双子の赤字(財政赤字と経常収支赤字)」を抱えていたため、1985年、先進5カ国蔵相会議が開かれ、ドル高是正に向けた合意(プラザ合意) がなされた。

C.「ドル安・円高」が入る。プラザ合意をきっかけとして、急速にドル高の修正が進んだ。


D.「金融緩和政策」が入る。円高不況に対応するため、公定歩合は6回にわたって引き下げられた。


E.「土地などの資産価格」が入る。金融緩和政策の影響による株価、地価の上昇が発生し、いわゆるパブルが発生した。

                                                                         出典 実務教育出版「地方初級教養試験過去問350」より

解けたでしょうか?解けた人は元のツイートの「いいね」を押していただけたら、こちらも励みになります。質問や感想は下のコメント欄にお願いします。

⇒プロと一緒にする転職活動!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

  • この記事を書いた人

ヒカル

36歳バイLGBT/元気そうな精神障害者/元障害者枠正規公務員。公務員採用試験は二つの自治体を一発合格しました、民間企業の障害者雇用、障害グレーゾーンを積極的に支援。障害者のため会社3年後に起業決まりました!! 相談、お仕事依頼は問い合わせもしくはTwitterDMにて。 YouTubeでも発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

赤ちゃんとハテナ 1

以前より障害者雇用公務員の合格までの記事を書いておりましたが、この度障害者雇用の公務員採用試験に合格しましたので、合格方法を記事にまとめました。 恋人との色々ありすっかり報告忘れてましたが、障害者雇用 ...

障害者手帳表紙 2

先日、精神障害者保険福祉手帳3級取得したのですが、あまりにも簡単に取れてしまったので自分でも驚いています。 「あぁこれで社会に障害者として認められたんだな」 と不安と安堵といろいろな気持ちが入り混じっ ...

3

  精神障害に悩む人が障害者雇用の求人と出会うにはどうしたらよいのか。 転職エージェントあるいは就労支援サービスは障害者雇用の求人を持っていることが多いです。 一方で どちらを選べばいいのか ...

-ミニ試験問題
-, ,