障害者の就職説明会「サーナ就職フェスタ」で面接を受けるメリット

business_syougai障害
スポンサーリンク

今日は障害者(障がい者)のための合同企業面談会「サーナ就職フェスタ」に行って、障害者の面接会に参加してきました。参加するにあたるメリットが多かったのでご紹介もかねて記事にまとめたいと思います。

障害を持った人にとって就職・転職は大変困難を極めます。
もちろん障害の内容や程度によりますが、
障害者の雇用率が今後改善していくと決まっていますが、
実態とはまだまだかい離があります。

僕自身「障害者」になってから初めてわかり気が付いたことがあったので、
今回は障害者として参加した障害者のための合同企業説明会
サーナ就職フェスタ」についてです。

スポンサーリンク

障害者の就職説明会で面接を受けるメリット

sana

ずばり、

必ず面接が行われる

ことです。
一般的にハローワークなどで紹介をしてもらう場合、
書類選考→面接→筆記試験→面接
の流れが多いです。
書類選考とは名前の通り、
書類内容で一度選考しますよ
ということです。

大手企業の就職になると、
選考書類も山のように届きますので、
よほど目に留まらない限り、
書類選考で落ちてしまうケースが多いです。

俗に言う「お祈りメール」が届くことになります。

しかし、障害者の就職説明会だと一
書類選考はその場で書類を見られるのみで、
いきなり一次選考の面接にチャレンジができるのです!

ほとんどの転職サイトに記載がありますが、

転職の成功の秘訣は
できるだけ面接を多く受け
面接官とできるだけ会うこと

とあります。
転職サイト大手のリクナビやマイナビでも同じことが書いてありますが、
障害者の就職・転職でも同じことが言えます。

できる限り面接を受けたほうが就職・転職の確立があがる

で間違いなさそうです。

障害者の就職支援のサーナ

一般的な(健常者)の就活と言えば
リクナビかマイナビかと思います。
僕自身もマイナビを使っていました。
ところが
障害者の就職を探してもリクナビにもマイナビにもないのです。

すごーく困りました。

障害者はどこで探したらいいんだろう?

そう思い、検索していると
ウェブサーナ
というサイトを見つけました。

障害者の就職・転職に特化していて、
大手企業、東証一部上場企業が参加していました。

無料で登録できるのでまずはどんな企業があるのか
登録だけしてみるのも一つの手かと思います。

障害者の就職先は?

三菱東京UFJ銀行、HONDA、キャノンなど
大手優良企業があります。

平成30年から障害者の法定雇用率が上がったので、
大手企業は一気に障害者の雇用率を上げるため、
雇う必要が出てきました。

(リソースは厚生労働省へ)

そこで、障害者の方への求人が
大手企業ほど出ているので
障害者にとって今がチャンスと言えそうです。

障害者の就職相談

障害者の就職サイトとして「ウェブサーナ」をご紹介しましたが、
ウェブ上だと就職相談はできるのかという疑問があります。

今回参加した障害者(障がい者)のための合同企業面談会「サーナ就職フェスタ」 では、
面接ができる企業ブースだけでなく

就職・転職相談コーナー
キャリアカウンセリングコーナー

など自身の就職について相談できるブースもありました。
一人一人丁寧に対応していたので安心できるかと思います。

精神障害者の就職は難しい?

答えだけ言うと、YES!

すごく難しいと感じています。
僕は「精神障害者保険福祉手帳3級」なのですが、
企業が求めているのはどうやら身体障害者の方のようです。

なぜ感じたかというと、
サーナ就職フェスタのパンフレットに
雇用実績
を載せなければならないので、
精神障害者を一度も雇ったことがない企業もわかる
のです。

試しに面接すると、
「うちは精神障害者の方は雇ったことないから…。」
「なんの薬を服用していますか?」
などなど…惨敗でした。(俺の実力かもしれないですが‼)

過去に雇用実績のある企業に行くと特に差別も感じず
どこらへんに配慮が必要ですか?
と今雇用してからの話しを聞いてもらえます。
また実際に雇用している精神障害者の方の
働き方について教えてくれたりします。

障害者の法定雇用率が上がったとはいえ、
精神障害者も雇用率に含まれるとはいえ、
まだまだ世間の精神障害者への風当たりは強いと感じました。

精神障害者の就職支援は?

ウェブサーナでも障害者の就職の支援はありますが、
ハローワークに専門の機関があることはご存知でしょうか?

全てのハローワークにあるわけではありませんが、
ハローワーク専門窓口がありますので、
そこで相談できます。
ハローワークのサイトで専門機関があるか確認できます。

ハローワークでも一部上場企業が募集をしているので、
是非足を運んでください。
もちろん無料です。
(交通費は出ないので注意)

小ネタとして
僕自身も採用担当者側をしたことがありますが

ハローワークからできるだけ採用したい

と思っていました。
ウェブサーナなど就職・転職あっ旋会社から紹介を受けると
紹介料がめちゃ高いです。

採用した人の年収10%は軽くコストとしてかかります。
年収500万の人を雇うと、50万…。
しかしハローワーク求人は無料でした。

大手企業はできるだけ良い人材を安く雇いたいわけですので、
ハローワークは狙いです。

障害者の就職説明会で面接を受けるデメリット

障害者の就職説明会で面接を受けるデメリットを考えていたのですが、
特にありませんでした。
今のところデメリットないと思います。
デメリットを感じたら記載したいと思います。

障害者の就職説明会で面接を受けた結果

最後に僕自身が障害者の就職説明会で面接を受けた結果ですが

大学職員として内定

もらいました!!ぱちぱち

これでご納得いただけましたか?笑

ただ、僕自身本当は大学生ではなく
小学生や中学生を相手にしてきたので

公務員の障害者試験

を受けることにしました。
最後まで迷いましたが、

焦って就職してはまた同じことの繰り返しになる

ので、本当にやりたいことに忠実になることにしました。

以上、
障害者の就職説明会の「サーナ就職フェスタ」
に参加するメリットでした!



コメント

タイトルとURLをコピーしました