【体験談】うつと痛み。痛みの負のスパイラルを抜け出すには

sakura生きる
スポンサーリンク

うつ状態やうつ病と痛みは関係がある雑誌やインターネットのサイトでも取り上げられていますが、僕自身もうつ状態の時にひどい頭痛、酷い首こり肩こりからの痛み、また腱鞘炎まで患い手首から胸筋あたりまで鈍痛、横になっていることが多く腰も痛くなっていました。実際にうつと痛みは隣接した関係があると経験したのですが、現在はその症状がほとんどありません。とくに酷かった時期の痛みの負のスパイラルから抜け出した方法と、他に役立ちそうな対策最近知ったうつ病のお薬などのお話しをしたいと思います。

今回は

・痛みの負のスパイラルを抜け出した方法
・痛みが強いときにしていた対処法
・その他おすすめ対策

を紹介します。
前回記事で少し触れましたが、
僕自身、うつ状態がひどいとき

二日間ほとんど寝ていました。
常に疲れており、
腱鞘炎がひどく常に痛みがあり、
首と肩のコリがひどく頭痛があり、
顎関節症がひどく顎が痛い。
睡眠不足からの頭はぼーっとし、
睡眠薬の副作用によって昼間も眠い(でも不眠症なので眠れません)

このような状態でした。

当時僕は26歳です。

そんな僕ですが、
今はジムに通ってトレーニングできるまでに回復しました。
寛解しました。)
もがきながらも何とか這い上がりましたので、
この経験がいま痛みで苦しんでいる方のためになればと思います。

スポンサーリンク

痛みのスパイラルを抜け出す方法は環境を変えること

あなたの痛みの原因は何でしょうか?

うつ状態、睡眠障害と痛みの原因は様々ですが、

痛みのスパイラルを抜け出すには環境を変えること

大きく改善することがあります。

僕が行ったのは引っ越しです。

体調が一番酷かった時、恋人と同棲していました。
今の恋人とは違う人ですが、
当時は本当に迷惑をかけていました。

毎日体調がすぐれず、
痛みから家事炊事洗濯までなにもできなかったです。

いわゆるヒモ状態になっていました。

僕自身、このヒモ状態が
本当に苦しくて苦しくてたまらなかった

相手に迷惑をかけているからがんばりたい
がんばりたいのに動けない
動けないから手伝えない
働けないからお金がない

なにをどうしても上手くいかず、
毎日落ち込んでいました

恋人は僕への好意から
疲れていても料理を作ってくれました。
毎日僕の相手をしていく中で、
恋人が日に日に疲弊していく恋人。
それを見て僕は
もう消えたいな…。」
と何度も思いました。

26歳でなんでこんな惨めな生活を送らないといけないんだろう

もういっそ終わらせようかなと思ったのですが、
こんなにがんばってくれた恋人の優しさを踏みにじる
わけにはいかないと思ったので、

だから環境を変えることにした

僕は生活費をかき集めて引っ越しました。

一人暮らしを始めました。

一番苦しかったのは「迷惑をかけている」という罪悪感でした。

その罪悪感によって体調が悪くなるなら
いっそ環境を変えようと決心したんです。

環境を変えるためにはお金が必要です。
本当にぎりぎりでしたが、
敷金礼金0円の格安のアパートを借りることができました。
探せばわりとありますよ!

環境を変えようと思った他の理由

環境を変えようと思ったのは罪悪感から逃げるため
だけでなく、生活保護も検討していたからです。

生活保護を受けるためには住所が必要で、
一人で生計をたてていなくてはいけません。

恋人と同棲しており、
恋人に収入があると生活保護は受けられません

そこで引っ越そうという理由の一つになりました。

体調が悪い中で引っ越すので、
働くことはできません。
しかし、一人でゆっくり休むためにはお金が必要です。

生活保護を受給するのに勇気が必要でした。

もしひどい痛みに苦しんでいるなら環境を変えて、
ゆっくり一人で休むのも良いと思います。

僕は環境を変えてから、
少しずつ酷い痛みが治まりました。

生活保護ついての詳細はこちらにまとめてあります。

体の痛みは筋トレが効果的だった

心の痛みと体の痛みは密接な関係がありますが、
体の痛みに効果があった筋トレについて!

引っ越してからも相変わらず
腱鞘炎と首こり肩こり
がひどく苦しんでいました。

そこで自分なりに調べてみると、

寝てばかりいると筋力が落ち、
筋力が落ちると体のバランスが悪くなり、
神経が圧迫され痛みが出てくる。

とわかり、
それなら筋力をつければ痛みが治まるのかな?
と筋トレを始めました。
まだ26歳だし、無理もきくかなとも思いましたし。

公営のジムへ行き、
ジムトレーニングをしたのですが、

腱鞘炎が痛すぎる

胸筋のトレーニングをすると激痛でした!

これじゃ筋トレなんてできないよと思いましたが、
もうなんでもやったれと痛みに耐えながら筋トレ
自宅でも腹筋やスクワットなどできるだけ行いました。

効果はテキメンで、
1か月後には腱鞘炎がほとんどなくなって、
腰痛も治まりました。

最初の胸筋のトレーニングは本当に無理行う
諸刃の剣ですので、
試す方は無理はしないでくださいね!(お前が言うな~)

公営のジムは一回300円くらの格安なので、
スポーツジムに通うよりお得です。
障害者手帳をお持ちの方は無料のところもあるので、
もし筋力がないことで痛みが強いなら、
試しに行っても良いかもしれません。

デパス依存は怖いが痛みは劇的にとれた

環境、筋トレ以外で効果があったのはデパスでした。

デパス(エチゾラム)はうつ病、睡眠障害に使われるお薬です。
依存しやすい薬で使い方には注意が必要です。

僕の場合は睡眠薬としてもらっていましたが、
緊張からの筋肉のこわばりがひどいときに
デパスを飲むと筋肉がほぐれ痛みが和らぎました。
デパスには筋肉の弛緩作用があるからです。

腱鞘炎や首こり、肩こりがひどい方は
デパスを飲むのも一つの手かと思います。

ただ、記事に詳細をまとめましたが、

デパスは依存しやすい薬

なので、お医者さんと相談しながら使用しましょう。

詳細はこちら

最近だと

サインバルタ

という精神薬が痛みに効くことがわかっています。
サインバルタはうつ病に効果がある向精神薬ですが、
疼痛」にも効果があるようで、
糖尿病性神経障害、線維筋痛症、慢性腰痛症
などによる疼痛には効果てきめん
なようです。
うつ病で痛みがある方がサインバルタを飲んだら
治まったというネット記事もあります。
根拠はありませんが、情報としてはありますので、
病院で相談してもよいかもしれません。

※もちろん薬なので副作用にはご注意を!

うつ状態の痛みには整体が有効

他に痛みを和らげた方法としては

整体によるカイロプラクティック

がありました。

僕が通った整体院は1回5,000円

とそこそこかかるので、そうそう何回もいけませんでしたが、
整体に行った当日、翌日の身体の爽快感はすさまじいです!

整体がなぜ痛みを和らげるのかは、
骨盤の位置や骨の歪みを改善し、
神経を圧迫している部分を元に戻すからです。

筋トレを同じような理屈になります。

なら筋トレを整体に通えば一気によくなる?

と疑問がわきますが、

体の痛みと心の痛みは密接な関係

なので、すぐに良くなるわけではないです。

僕自身も筋トレを初めて1か月後で腱鞘炎はいっきによくなりましたが、
首こり、肩こりはしばらく続きました。

しかし、いま現在痛みはよくなっているので、
今の痛みから解放されたいと強く願うなら
今後のために試しに整体
へ行ってみて下さい。

ただ、注意点。

整体の中で保険適用のものがありますが、

ほとんど効果がないです。

僕もお金がなくて、
保険がきいて安い整骨院でいいやと思い、
通っていましたが、効果なし。

厳密に言うと、その場では効果はあります。
気持ちよいです。
しかし、治りません。

その点、少し高いですが、
整体やカイロプラクティックは効果が持続します。
カイロプラクティックは初月は週に1回ほど通う、
翌月から月に1度、
1年後に骨盤の位置が良くなっていれば、半年に一度
というペースになります。

カイロプラクティックの先生たちが言っていたのは
何回も通ってほしくない。
治ってもう来なくていいようにしてあげたい。

しっかり治療してもらったほうが良いと思います。

合わせて筋トレも行えば、
少しずつ痛みが治まりますよ!

整体の予約はまとめサイトが簡単です。
こちらから近場の整体院を予約できます↓

整体院でからだリフレッシュ!【EPARKからだリフレ】

まとめ

今回ご紹介した方法は僕自身が必死にもがいてみつけた方法です。

精神科へ行って痛みがすごいと言っても

「薬を飲んで様子をみましょう。」

としかお医者さんは言ってくれません。
ペインクリニックなど痛みの専門医院もありますが、

精神的に辛い人の痛みの専門家がいない

ことに気が付きました。
結局自分でがんばるしかないのかも。
すでに体調が悪いだけで、
生きているだけでがんばっていますが、
もうひと踏ん張りしてみましょう。

今の僕は幸せです。
痛みによるストレスは人生の無駄です。
当時は生きるのに必死過ぎて気が付かなかったので、
ぜひ今苦しんでいる人の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました