死に場所探しの旅タイ一日目。バンコク寺院と腹痛の洗礼を写真で

Khao Sanタイ
スポンサーリンク

 死に場所探しの旅で来たタイ。生活保護、自己破産、睡眠障害のことも忘れるくらい素晴らしい旅になった一日目のことです。

死んでやる~と日本を飛び出し、ベトナムのホーチミンでのトランジットタクシー事件をクリアしバンコクのスワンナプーム空港にやっとのことで着きました…

さて、スワンナプーム国際空港ですが、そこそこ綺麗です!ここで少し休んでも良いですが、タイに着いたのに外に早く出ないなんてもったいない!

てっことですぐに外にいきましょう!ここで、分岐点

バンコク市街地へ行く→タクシー or BTS(地下鉄)

「タクシー」200バーツ~空港の1Fに降りればどこからでも見えます。ちょっと歩いて流しのタクシーのほうが安いので、金ない人はおすすめ!

「BTS」は30バーツくらいだった(次回写真撮ります。)。買い方が良く分からなかった記憶あるけど、よく見るとわかります(笑)

BTSは空港の地下にあるんだけど、そこのタピオカのジュース美味いんだ!!

写真はこちら

日本で買うと550円するけど、タピオカ大盛りで50バーツ(150円くらい)

いつもここで休憩してる!ちなみに初タイで衛生的に心配な人もいるかな?

でもここはきれいだよ!店員もビニール手袋付けてる!タイの氷は水道水に不安があるからちょと注意なんだけど、ここは大丈夫そう!

前記事の写真はここのタピオカミルクティー飲みながら撮りました。

thai

実はこの写真は二回目のタイだから心に余裕があった。

バンコク行かずにパタヤに行く人は

スワンナプーム国際空港1Fに青いテーブルに
小さい受付で 「PATTAYA」って看板が出ていますのでそこでバスの切符買ってください!当時は250バーツでした!予約だと230バーツらしいけど面倒なので当日受付のほうがおすすめ!

バンコク旅してから行く人はBTSエマカイ駅から高速バスに乗れます!120バーツで、エアコンもついてる普通のバス。2時間半くらいで着きます。140キロくらいのスピード出すんでちょっと怖いですけどねw

さらにミニ情報

スワンナプーム国際空港では無料のWi-Fiが1時間だけ使えるので、空港カウンターでPASSとIDもらってください!

さて、本編に戻って実際の僕の行動を記していきます。

 さて、まずはバンコクで宿を探さねばと、スワンナプーム国際空港から地下鉄BTSにのって、バンコク市内まででます。宿の予約もしないまま日本を飛び出してきてしまったので頭に浮かんだ、安宿街と言えばそうカオサン通り

スポンサーリンク

死に場所の最初はバンコク・カオサン通り

世界中バックパッカーが集まり、24時間人が多く、バンコク一番の繁華街!

通りとしては本当に短くて、500mくらい!

横浜の中華街のほうが発展してるくらいです!

短い距離に、土産物から、バッタもんばちもん売り場、屋台に客引きに夜のお店、マッサージ屋さん、床屋さんとひしめき合ってます。ここで水着買いましたが300バーツでした(1000円くらい)若者向けのかっこいいの売ってるよ♪

カオサン通りを色々歩いて、マックの横らへんのホテルが空いているとのことで僕は昼間にホテル(ごめん名前忘れちまった(-_-;))にチェックインしました。そのまま寺院巡りに行き、夜にこの通りに帰ってきたのですが、

夜はクラブミュージックでうるさいのなんの涙

外出ようかなと思ったけど、疲れていたし、なんもしないでホテルの部屋で明日のパタヤ行きの下調べをして寝てしましました。

たしかホテル代は1500バーツだったかな?

カオサンはバックパッカー向きの安ドミトリーあるけど、初タイの人はおすすめしない。盗難被害あっても誰も助けてくれませんのでご注意を!!!

カオサン通りの昼間の写真↓

Khao San

カオサン通りを進んで右に曲がるとあった、名もなき店がありました。

そこが初めてバンコクで食べる飯でした!定番のパッタイ(タイの焼きそば)!

めちゃ美味しい!!!!

でも

からいいいいいいいいいいいいいいいい

口から火が出ます!!!

この30分後に耐えられない腹痛が来ました…。

もちろんびしゃびしゃの下痢です。

最初は辛いの食べすぎたかな?と思っていましたが、

タイの菌もあるそうです!衛生的な問題というより、

常在菌を取り込んでいる

とのことです。タイにはタイの菌がいて、どんなに加熱処理しても空気中の菌もいますし、食事すれば必ず取り込まれます。初めてタイに行く人はほとんどの方が下痢になるそうです。3日もすれば止まりますので!止まらないときは薬局がそこら中にあるので抗生物質も買えますので薬剤師さんに相談してね。

ちなみに、二回目のタイ旅行では全く下痢になりませんでした。

タイに行く2週間前からビオフェルミンを飲んでいました。予防投薬の感じです。確かに効いたので、心配な方は薬局で買って試してみてね!


大正製薬 新ビオフェルミンS細粒 [指定医薬部外品]

死に場所はタイの料理屋の調味料?

机には必ずどのお店にも

砂糖の「ナムターン」、魚醤の「ナンプラー」、唐辛子の「プリックボン」、お酢の「ナムソム」の4種類の調味料

が置いてあります。

どうやって使うのかな~?と思っていると、現地の人が

砂糖とお酢をやきそばにかけてるではないですか!

砂糖をかけるの????

と思いましたが、試しにかけて食べると

まーーじで美味い!!!

かけたほうが絶対良い!

後でわかったんだけど、タイ人は自分好みの味付けにしてから食べるんだってさ。

とりあえず口が辛いので、甘い食べ物で中和しようと

カオ・ニャオ・マム・アン

を頼んでみた。

めちゃ量がある(笑

デザート感覚で頼んだのに、昼飯の量!

安いし美味いし最高だけど、パッタイ食べた後は食べきれなかった。

(この時からお腹が少し違和感)

その時の写真がこちら↓

←パッタイ

→ カオ・ニャオ・マム・アン

死んで良いのか悩んだワットポー寺院の涅槃仏

ワットポー寺院の国宝

 僕は無宗教ですが、寺院に訪れる人たちの厳粛な雰囲気に圧倒されました。

そしてよくわかりませんが、癒されました。

ずっと色々な不安が頭をよぎっていましたが、線香の香りと仏教徒の人たちの信仰心を眺めていると、どうでも良くなりました。少しの間ですが。

無宗教ではありますが、神々しさに圧倒されます。もし行くならタクシー使うことをお勧めします。ガイドブックで写真見せればだいたいのタクシー運転手は知っています。今の俺なら慣れてるのでバイクタクシーで行くけど、怖いから初めての時は丁寧にタクシー使おうね!

ピンクのタクシーが正規タクシーらしい(けど本当か不明。なぜなら塗装でなんとでもなるから)

寺院ではフットマッサージとかもやってたけど、ここでマッサージ受ける必要はないかな。値段は60分300バーツでぼったくりではないけど、人込みの中じゃあんまり気持ちよくなれるとは思えません。バンコクならどこでもマッサージ屋さんあるので!

初日はタイに来たことが嬉しくて観光していました。異文化に触れることで日本から逃げてきたことは忘れていました。この時は…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました