パタヤ-透明な海「ラン島」のビーチを制覇!写真で海の様子伝えるよ

larnタイ
スポンサーリンク
laan

死に場所探しの旅でタイに向かい、パタヤでタイ人と友達になり、
毎夜ボーイズバーで飲み明かしていましたが、
「このままでは飲んだくれて死んでしまう!」
そう思った俺は
「南国に来たのだから海も満喫せねば!」
とタイ・パタヤからほど近い
「ラン島」
に行くのであった。

さて、このページに来てくださった方は死に場所をお探しでしょうか?
ラン島かな?

一人でも幸せにさせられるようがんばって書きますね!

日本だと「ラン島」で紹介されていますが、現地の人に
「ラン!ラン!ランアイランド!!!」
と言っても通じないです。
正式名称は「 Koh LARN(コーラーン) 」
なので、

「ラーン」と伸ばした発音でいうか、
「コーラーン」と言うと通じます。 
パタヤ住のタイ人もたまに行くよ~って言ってました。

ラン島入り口の写真。江の島の入り口を思い出しました。

laan
スポンサーリンク

ラン島の行き方は各サイトに

ラン島への行き方はたくさんのサイトで紹介しているので簡単に。
ウォーキングストリートから20分くらいのんびり歩くとバリハイ桟橋がありますので、
そこからフェリー(30バーツ、40分)かスピードボート(400バーツ20分)

で向かいます。大きく看板が出ていますので、まず迷うことはないです。
ほぼラン島に向かうお客さんばかりです。
おすすめはのんびりフェリーです。スピードボートで急ぐほどの距離じゃないです!

ラン島にある7つのビーチ

larn

写真をご覧いただくと、
7つのビーチがあることに気が付くと思います。
しかし

道がない海に行くのはまじで大変です

バイタクに乗って奥のビーチまで写真撮りに行きましたが、

恐怖の急勾配。

急な坂を上ったり下ったり、落ちるんじゃねーかーっていう荒い運転でした汗

なので皆さんが行くであろうビーチを制覇ってことで♪

程良い隠れビーチのティエンビーチ(Tien Beach)

すごい穴場感がありました。
人も少なくて、のんびりしたい家族ずれやお年寄りが多かったです。

beach

岩場も多く、子どもがカニを探したりするの楽しいかもしれません。
僕いまだにカニ探すのが好きですが(笑

beach

程良くビーチハウスもあったよ。
砂場はまー普通で、水はそこそこクリアでした!

beach

ターウェンビーチ(Ta Waen Beach)

beach

海はとてもとてもクリアで、
人が集まる理由はよーくわかりました。

しかし、まーじでヒトゴミでした(汗

神奈川の江の島と変わらないくらいの人の数、
たまたまではなく多すぎる中国人観光客。
たぶん、中国で団体ツアーが組まれているんでしょうね。

お食事処もこのような有り様

larn

匂いが強烈で、ここで食べる気にはなりませんでした。
強烈な臭いの原因はこちら↓

larn

机の上の食べかす…。
汚い本当に。
床にもたくさんこぼれていました。
普通に床に捨ててたし。

初めてラン島に行きましたが、もう行くことはないでしょう(-_-;)

気分が悪いままでは嫌なので、ロッカーを借りずに海でのんびり読書しました。
ロッカーはこんな感じで危険はなさそうだけど、
鍵は簡単に開けられそう。
中国の方が迷わないようにシール貼ってあるみたい。

locker

飛行機の中でもらった無料の味ごのみ美味し。
水着はバンコクのカオサン通りで300バーツで売っていたもの。
ターウェンビーチはとにかく人がすごいので、一番はずれに座りました。
1日100バーツのチェアー

larn

ラン島に行くべきかどうか

僕はもう一人では行かないです。
期待値が高かっただけに、結構ショックでした。

綺麗な海ではあります。
サンゴ礁があるところはありませんでした。
全部きれいにならされた白い砂の海。
魚もいません。
人が多すぎてわざわざ来る海ではないなと感じました。
中国の方が嫌いなわけではないですが、
タイにいるのに飛び交うのは中国語ばかり。
ゴミだらけ。

これならジョムティエンビーチのほうがよっぽどのどかですし、
綺麗です。

・海の透明度だけなら「ラン島
・海のアトラクションで遊ぶなら「パタヤビーチ
・のんびり過ごすなら「ジョムティエンビーチ

で決まりです。
是非参考にしてください。

あー、本当にジョムティエンビーチは居心地がいいわ~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました