睡眠薬の強さを間違えた?眠りすぎたら働けない。薬の強さを考えてみる

睡眠
スポンサーリンク

昨日はもらっている睡眠薬全部飲み寝てみました。最近は調子が良くて睡眠薬のベルソムラ20mgだけでも眠れる日もありました。薬の強さとしてはそんなに強い薬ではないですが、昨日はどうしても寝付けなかったので、持っている睡眠薬を久しぶりに全部使ってみることにしました。
今回飲んだ睡眠薬は

・ ベルソムラ…20mg
・レンドルミン…0.25mg
・デパス…1mg

です。加えて睡眠の質を向上させるために

・ロキソニンS…1錠
・ビオフェルミン…1袋
・顎関節症用のマウスピース

ロキソニンは痛み止めですが、
就寝前に1日の疲れがどっと出て、
頭痛や目が痛くなることがあります。
ビオフェルミンはロキソニンを飲んでいることもあり、
胃があれ、腸に負荷がかからないようにするためです。
顎関節症のマウスピースは食いしばり予防です。
以上の状態で寝てみたのですが

スポンサーリンク

睡眠薬が効きすぎて13時間寝ました。


本当に寝すぎた。

現在は無職のため、13時間寝ても大丈夫ではありますが、
このままでは社会復帰できないね…汗

睡眠障害の僕にとっては13時間眠ることができるのはありがたいのですが、
寝すぎてしまうと自己嫌悪します。
睡眠障害の方は眠れず自己嫌悪、
眠りすぎても自己嫌悪で
本当に辛いですよね。
今でこそ、睡眠薬はベルソムラとレンドルミンとデパス
の3種類に減りましたが、
サイレースやマイスリーを使っている時は24時間近く寝ていたこともありました。
寝すぎるもの辛いです。

睡眠と関係がある痛み

昨日は首が痛くてしょうがなくて、
昼からロキソニンゲルを首に塗って、
さらに市販薬のイヴを飲みました。

夜も痛みは取れず、寝る前どうしても痛かったので
市販薬のロキソニンS飲みました。

ロキソニンゲルを塗りとロキソニンを飲んでしまうと、
胃が荒れてしまうので気を付けてください。

結局13時間寝たわけですが。
どこかが痛いと寝付きは大変悪くなりますよね。
うつ病、うつ状態の方はよく肩や首が痛くなると言われています。
よくがんばっている証拠ですね。
その痛みが睡眠障害を助長するので、
寝付きも悪いし、
熟睡感も低くなります。
よく眠れないので体調もすぐれず一日過ごすことになり、
体調がすぐれないからストレスになりまた眠れず、
身体中が痛み出しと負のスパイラルに陥ります。

すごくわかります。
なので、今回は先手を打って

しっかり寝よう!

といつもより多めに睡眠薬を飲んだ結果が13時間睡眠でした。

眠りすぎたら気持ちいいはずだった

俺は音楽聞きながら寝るんだけど、
90分タイマーセットしておいて、
再設定しないで眠れたから90分以内には寝られたと思う。

寝れないときは90分タイマーなんどもセットし直すからね。

最近不安なのは寝起きの眠気が強すぎること。

睡眠薬は飲めば眠れるけど飲めば朝が辛い。

朝が辛いからと言って、
薬の量を調整すると寝付けない、眠れない・・・。

同じ悩みの人多いと思うけど、
これからもいろいろ自分の身体で実験していくのでよ
かったら参考にしてください。

実験ていうと大げさか。

生きもがいていくってかんじ。

なんとか良い方向に向かうようにね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました