LGBTに気づく年齢はいつ?セクマイだと気づいた時に考えること

seaLGBT
スポンサーリンク

僕はLGBT当事者ですセクシャルマイノリティー(通称セクマイ)であるLGBTのBのバイセクシャルです。バイセクシャルなので男性も女性も好きになります。現在は年下の男性と付き合っています。当事者としてから「自分がいつからLGBTだと気づいたのか」「セクシャルマイノリティーだとわかった時に知っていればよかったこと」を記事にします。

LGBT】という言葉だけが独り歩きしているような気がしています。僕自身LGBTの当事者ですが、世の中の流れに付いていけない部分もあります。例えばLGBTフレンドリー企業です。
「LGBTフレンドリー企業」とうたっている企業は何がフレンドリーなのでしょうか?

LGBTでも受け入れますよ?
LGBTでも入社できますよ?
LGBTの職員がいる?

LGBTは障害ではありません

LGBTフレンドリー企業とうたっている企業での取り組みで、
「ズボンかスカートか自由に決められる」
はよくわかりますが、
LGBTなので受け入れない企業は人権を無視している企業
なだけで、

「うちの会社は基本的人権の尊重をしている企業なので
LGBTだとしても同じく権利を守ります。」

のほうが信頼できます。

LGBTという言葉に世間もおどらされて、
実際の当事者がないがしろにされていると懸念しています。

今回の記事では実体験から

自分がバイセクシャルだと気づいた時
バイセクシャルだと気づいた時に知っておけばよかったこと

をお伝えします。
先にざっくばらんに言うと

LGBTだって気づいても幸せな未来が待っています!!
めちゃ楽しいんやでこの世界は!

スポンサーリンク

LGBTに気づいた年齢は13歳でした

sea

自分が男も好きになると気が付いたのは13歳の夏でした。
本当に仲良しの同級生の男の子がいて、


同級生の男の子のこと考えてマスターベーションした
のが男を好きになったと自認した最初の日でした。

(少し恥ずかしい気持ちがありますが素直に書いてます(

いま思い返すと、小学校低学年の時から男の子に興味があった気がします。
第二次性徴期前なので性の目覚めはありませんが、
たしかに年上の男の子に恋をしていた感覚が残っています。

男の子に興味はあるものの、
チューがしたいなどはなく、
一緒に居るのは女子より男子がいいなくらいです。

小学校低学年なら特段男女分け隔てなく遊んでいると思います。

小学校高学年に入り、性が目覚めます。
僕は少し早く第二次性徴期が来ました。
身長が急激にのび、陰毛も生えてきました。

性への興味ももちろん出てきていましたが、
まだ対象は女性でした。

僕自身まだ幼かったので、
女性が対象というよりは
性的なことに対して興味があっただけでした。

中学に入り、男子友達ができ、
親友ができます。

親友はとても幼く甘え上手でした。

そんな親友と過ごしていく中で

一緒に居ると楽しい
一緒の部活に入りたい
できるだけ話していたい

という気持ちが強くなっていました。

中学二年生の夏、誕生日前の13歳の夏の日です

学校が休みになり、
親友に会えなくて悶々としているとき、
学校に親友と撮った写真を置き忘れていることに気が付きました。

学校が近くだったのですぐに取りに行った帰りです。

その親友の子の写真をみていたら、
めちゃくちゃ心臓がバクバクしてきて、
親友の男の子のことで頭がいっぱいになりました。

周りに誰もいないのに恥ずかしくて顔が真っ赤になっていたと思います。

この日初めて男性を性の対象として自慰行為をしました。
この日がLGBTのバイセクシャルだと自分で気づいた日でした。

当時はものすごい葛藤があったんだけど、
いま考えると幼いゆえの葛藤だったのかなと、
俺もかわいいとこあったなくらいにしか思ってません。

初めてLGBTだと気づいた時にいっぱい悩むと思いますが、
変ではないし、
世の中にいっぱいいるし、
素敵なこと

なので、悩まないでね♪

セクマイだと気づいた時に考えること

セクマイとは、
セクシュアルマイノリティ(Sexual Minorty、性的マイノリティ、性的少数者など)の略称

LGBTはこのセクシャルマイノリティーに入ります。

自分が初めてセクマイだと気が付いた時は

自分を責めて落ち込んだり、
世の中から拒絶された気持ちになりました。

自分だけ人と違う

とわかる恐怖は自分でも体験したので
すごく理解できます。

でも安心してください。

なにもおかしくないし
自分を責める必要もないし
未来に不安をいだく必要もありません

自分がセクマイだと気づいた時に
言ってほしかったことをまとめます。

セクマイはおかしいのか

セクマイはおかしくないです。
好きになる相手が世の中のカテゴリーと違うだけです!

人間として存在していいのは
法律でも決まっています。
基本的人権も生存権もあります!

誰でも生きる権利があって、
誰を好きになっても良いんですよ!

自分を責めるのはなぜか

将来結婚しないといけない

という考えがLGBTを追い詰めています。
結婚しないといけないのはなぜですか?

LGBTでも家庭は持てます。
男同士では子どもは作れないのは事実ですが、
世の中のために働き税金を納め、
社会貢献はいくらでもできます。

子どもが作れないことをネガティブに
とらえる必要は全くありません。

両親に本当の気持ちを伝えて拒絶されるなら、
僕ならそんな家族いりません。
自分のセクシャルマイノリティーを隠して
一生生きていくほうが辛いです。

両親としては自分の子どもが欲しい
という気持ちもあるかもしれませんが、
お互いの気持ちを少しずつ伝え理解してもらうしかないです。

両親に「自分の子どもなんだから気持ちを理解しろ!」
というのは乱暴な考えです。
自分でも初めては悩んだのですから、
両親も悩み、受け入れていきます。

お互いの優しさが必要です。

好きになった相手に迷惑をかける?

と相談してきた方がいました。
たしかに、偏見がある方が周りにおおくいればあり得ます。
まだまだLGBTへの差別はひどいものがあります。

相手が迷惑かは別です。

好きになった相手が迷惑なのかを決めるのは
あなたではなく相手です。
相手があなたのこと好きなら、
そんな気持ちになっているのなんて失礼だと思いませんか?

あなたが好きな気持ち

があるなら

相手の気持ちを尊重する

迷惑かどうかは相手が決めることです。

迷惑なんて全くかけていないので
不安にならないでください!

未来のイメージが描けない

大丈夫です。
試しにTwitterなので探してみて下さい。
僕が知っているだけで12歳~70歳近くまで、
LGBTの方がいます。
中高生は仲良くLGBT友達という感じで
ディズニーランドへ行ったり楽しそうにしていますよ!

僕自身も地元は違う同い年の友達と飲んだり、
出かけたり、
夏はキャンプ行ったり楽しんでんます!

僕が初めてセクシャルマイノリティーだと気づいた時は
まだまだ携帯電話は発展していなかったので、
今後同じ悩みを持つ方は便利な世の中になりましたので、
SNSやインターネットで検索すればいくらでも
友達が探せますね♪

同じ境遇の方が幸せに生きていることがわかれば
少し未来が描けそうですか?
ものすごい出世している人もいますよ?
銀行員にも教員にも警察官の友達もいます。

何にでもなれます
楽しく生きられます

LGBTだからセクシャルマイノリティー
だからという不安は必要ありません。


安心して楽しく生きていきましょう!

さいごに

僕自身の経験をもとに記事にしてみました。
正直ここまで素直に文字に起こすと

恥ずかしくてたまらない

です笑笑

でも、13歳の僕が知っていたら
もう少し安心して素直に生きてこられたのかな
と思ったので文章にしてみました。

高校の同級生の男子から告白されたことがありました。
その時は断って、
それから音信不通でしたが
先日、15年ぶりに会いました。

めちゃくちゃ細かったかわいい同級生は
いかついトラック運転手になっていました!!

15年経ち、SNSで改めてつながることができ、
昔はバイだって言えなかったんだよね~
など、お酒飲んで語り明かしました。

人生色んなことがあり、
色んな出会いがあります。

あなたに素敵な未来が訪れますように。

参考にバイセクシャルの苦悩の記事です。
LGBTの方はなにかしら参考になるかと思います↓

バイセクシャルの俺が語る両性愛者の苦悩と真実。【LGBT】とは
バイの苦労と実体験。バイとしてどう生きてきたのか。同じ境遇に生まれた人がどんな思いをしているのか。あなたの周りにもいますよ?あなたはLGBTがなにか答えられますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました