睡眠薬で寝すぎてしまう。朝起きるのが辛いけど飲まないと眠れない

睡眠薬はとてもありがたいです。

睡眠障害を持っている人にとって眠れるというのは本当に幸せなこと。

普段当たり前のように

「眠くなったら寝る」

という行動が起きません。以前の記事でも書きましたが平気で30時間寝ないことも大丈夫。

むしろ眠気が起きなさ過ぎて、眠れないことに焦ってきます。

そんな不安を取り除いてくれるのが睡眠薬です。

ただ、睡眠薬は気を付けないといけないことが多くあります。

今回は「睡眠薬を飲むと寝すぎてしまう」

ことを書きます。

飲んだことがある睡眠薬は

・マイスリー

・レンドルミン

・サイレース

・ベルソムラ

・ユーロジン

・デパス

・市販薬のドリエル

睡眠障害には

入眠障害…寝付くのが難しい

中途覚醒…眠っている途中で起きてしまい、そこから眠れない

早期覚醒…予定よりも早く起きてしまう

熟眠感欠如…寝ても寝ても寝た気がしない、

があります。

僕の場合は入眠障害が一番強く、中途覚醒も早期覚醒も熟眠感欠如も合わさってるという最悪パターンです。

入眠困難は説明が簡単で、全然眠くならない。

小学生の時に、遠足前にワクワクして眠れない感じと少し似ているかも!

ただ、毎日、毎日眠るときに

「今日は眠れるかな…」

ってなるので苦痛で仕方ないです。残念なことに、睡眠薬飲まなかった次の日は寝たか寝てないのかわからないまま朝を迎え、身体中痛くて、頭痛、筋肉痛、で寝ぼけたまま、眉間にしわを作って、最悪の気分で起きることになります。

たまに、そろそろ睡眠薬飲まないで試しに寝てみたらと言われることがありますが、

ほいほい試す勇気はないです。

もう何度も挑戦した結果眠れないので。本当に辛いです。

そこで、精神科・心療内科(内科でも処方できる薬もありますよ)で、睡眠薬をもらいます。

飲んだ中で、きついのはやはりサイレース。効きすぎて18時間寝て、6時間だけ起きて、また18時間寝たことあります。相当次の日に引きずる。もちろん個人差あるけど。

あとは、よく効き目がないと言われるレンドルミン。

本当に効果が感じられないんだけど、最近わかってきたのは、ベルソムラとレンドルミンの合わせ技。寝起きの眠気がすごい残る。効果薄いなんて嘘だろってくらい。

これに入眠のためにデパス追加すると寝起きは最悪。

でも、毎日睡眠足りてない人はお医者さんと相談して、許可が出たら試してみてね。

眠る1時間前にベルソムラ、レンドルミン飲んで、眠る前にデパス飲むと30分くらいで眠くなるよ。

マイスリー+サイレースは完全に酔っぱらう感じになるからご注意ください。

記憶も飛ぶかも。スマホで知らない間にメッセ送ってるから本当に気を付けてね。

睡眠薬は確かに睡眠障害の人を助ける薬です。でも、寝すぎてしまうこともあるので、薬の種類や量を調整しつつ、上手く付き合っていきましょうね。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。