生活保護家庭で育った私。負のループをどうしたら抜け出せるのでしょうか

※僕のサイトに共感してくれた人から寄せられた投稿です。言葉もほとんど直してません。よければコメントしてあげてください。

私はなんとか高校を卒業したのですが、正社員の仕事の口は見つからず、だらだらバイトをしていました。私の家は母子家庭で、母は生活保護をもらっていました。
今、思うと母はかなり変な人でした。家の中はいつもぐちゃぐちゃで、臭っていました。奇行も目立ち、もうこんな母と生活していくのは限界だと思いました。
バイトの給料では一人暮らしは心細い。ネットで出会った男の人の家に転がりこみました。彼氏と呼べるかわかりませんが、普通の会社員の人でした。
だらだら居座りながら、流されるままフリーターをしていました。
私も母と同じで、頭がおかしいか変だったのでしょう。
全然、将来のことを考えられないままその日ぐらし。
水商売の仕事を20歳のときに始めました。キャバ嬢です。
始めは楽しかったけど、嫌なお客さんもいて次第に嫌になってきました。
水商売でお金が貯まったので、1人暮らしすることに。
でもキャバの仕事で毎日飲むのでお酒で次第に身体がおかしくなってきました。
そんなに長く続けられる仕事ではないと気が付いたときはすっかり体を壊していました。もうお酒を飲む仕事はこりごりだと思い、別の仕事を探すことにしました。
でも高卒できちんとした職歴のない自分にはまともな仕事など無理でした。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

風俗しか自分には無理かも……

風俗嬢になって亡くなった友達がいたので、いくらお金に困っても風俗業はやめておこうと思いました。
キャバ嬢で貯めたお金があったので、しばらくはこれでどうにか生活できましたが、仕事をしていないとドンドン貯金が減っていくのです。
ものすごく嫌だったのですが、日雇いのバイトに登録しました。
キャバ嬢から日雇いは聞いたことないと思いますが、生活のためにしました。
もうアルコールを飲めない体になっていましたので。
日雇いのバイトは工場の仕事で一日中立ちっぱなしできつかったです。
母のように生活保護をもらうのは嫌です。
20代はよほどのことがない限り生活保護はもらえないと信じ切っていました。
シングルマザーや障害を持った方などそれなりの理由がある人のみと考えていました。
その当時は世間知らずだったので、20代でも病気や長期の失業で生活保護がもらえるとは知らなかったのです。
生活保護をもらったら結婚はできないと思っていましたし…。
日雇い派遣しながら、婚活して結婚しようと浅はかなことを考えていました。
貯金を使って、婚活しましたが、自分の結婚したいと思う人は現れず。自分に水商売の雰囲気が染みついているようであまり良い男性は寄ってきませんでした。

ぎりぎりの生活と日雇い派遣とやけっぱちの婚活

なにもうまくいかない生活にすり減っていく日々。母みたいに適当な男と結婚して子供産んで、ダメだったら離婚して生活保護。そんな人生は嫌だ。負の連鎖を切らないと。そんなことばかり考えていました。資格を取れば、正規で働けるかも、この不安定な生活から抜け出せる。そう思い、私がヘルパーの資格を取るため、講座をとり、思い切って老人ホームで働くことに。
甘かったです。給料は13万円ぐらいで、きつい仕事で毎日へとへとでした。
職場の環境も悪く、イジメや嫌がらせなど毎日でした。
身体も心もすり減っていきました。
結婚したくてもできない。まだ20代なのに。
このまま底辺の仕事をして、どんどん年老いて、仕事がなくなったら生活保護なのか。こんなに頑張っているのにどうして。
原因は育った家庭だと思います。
まともな家庭じゃなかったから、私も変でまともじゃない。
普通の家に生まれていれば、どうすれば普通に生きていけるか親が教えてくれた。
負のループの中でぐるぐるしている自分。
どうしたら普通になれるのかなと頭を抱えてうずくまってしまいたくなる。
生活保護もらっていた実家のあの貧困ぶりを知っています。生活保護ではぎりぎりの貧困生活です。生活保護なんかに頼らず普通の生活が私は欲しいのです。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。