機能不全家族  お母さんへの手紙 アダルトチルドレン

今日はお母さんへの手紙をそのまま投稿します。

僕は現在実家に戻れています。2ヶ月目です。11年ぶりに母親と兄弟と暮らしています。

「互いに干渉しない。心と体を休めてほしい。」

そう言われ、悩みに悩んだ末帰ってきました。本当辛いです。お金があれば帰ってくるつもりは全くなかったのですが…

スポンサード リンク
スポンサード リンク

母親への手紙

背景の説明をしなくてはいけないのですが、ひとまずやり取りを記そうと思いました。

僕も思い出せますしね。色んな意見があると思います。母親の立場が分かる人、僕の気持ちが分かる人、なんでもいいので誰かしらの何かしらの役に立てれば嬉しいです。

体調は良くなっていません。治ったとは一言も言ってません。

「放っておいてくれ」ではなく「干渉しないでください」です。

実家に帰ってくる時に言いました。全く別行動、休みたいだけ休んでよいと。仕事が見つかり安定するまで、僕自身に都合が良すぎる条件だけど良いと。

お母さんにとっては些細なことでも、僕にはストレスになり、心が苦痛になると何度も伝えました。同じ家に住んでいるのに直接話すのではなく手紙でやり取りしている理由をもう忘れましたか。帰ってきてからまだ2ヶ月しか経っていません。すでに何度もルールを破られています。何度伝えても理解していただけなくて残念です。心の距離は縮まりそうにないですね。

僕が夜に出かけることで何か迷惑になっていますか?具体的になにか迷惑かけているわけではないです。逆にまたこちらの悩みの種が増えて、正直もうウンザリです。

お母さんは「母親はこうあるべき」という姿にとらわれすぎています。

「子どもが辛いんだ、助けてくれ」と言っているのに、「私はこうする」という考えが強すぎます。

子どもを心配することが「束縛になる」「行動を制限している」と考えたことはありませんか。

僕は二人の兄とは違います。赤の他人と思ってくれても良いくらい違います。お母さんの考えには全くついていけません。昔から合わせているだけです。

お母さんが喜ぶように行動してきました。でももう違います。手放してもらっても構いません。

手放すというのは文字通り「出ていけ」という風にとらえてもらってもかまいませんが、「親になる」ということです。

お母さんはお母さんのお母さん(おばあちゃん)にきちんと育ててもらってないので、きっと本当の意味での「親」は理解できない思います。仕方ないことだと今は理解しています。どんどんおばあちゃんそっくりになっています。顔だけでなく性格も。

おばあちゃんを反面教師として生きてきたと思っているかもしれませんが、そっくりです。

お母さんと僕はお互いに歩み寄るチャンスが何度もあったのに仲直りできませんね。

皮肉なことに、東京での大失敗が、こっちに戻ってきてからの生活を支えています。貧しくて、独りぼっちの生活でしたが、現在よりも楽しかったです。とても自由でした。

明日死んでもいいと思えるくらい幸せなことがあるのだと知りました。

なので僕は「どうしたら東京に戻れるか」が今の生きがいです。心も体もボロボロですが、それでも生きているのは、そういうことです。
この手紙を書いているときに思いました

「また人生台無しにされる」と思いました。
もう必死になって気持ちを伝えることにも疲れました。一緒にいると疲れるんです。心休まらないんです。
半年を目安に家を出られるようガマンするので、お母さんも協力してください。

お母さんのために子どもがいるわけではありません。自己欲求を満たすために僕を利用するのはやめてください。

「機能不全家族」 時間があるときに調べてください。
お母さんが行うすべての行動は僕への「精神的虐待」だと理解してください。

認めてください。必死に生きようとしている僕を邪魔しないでください。

いつまで続くのだろう

たぶんこのやりとりをパット見ただけだと、ただの親子喧嘩に見えるんだろうなw

自分でもわかっているんですが、アダルトチルドレン全開ですw

母親も僕も大人になれてません。

僕で血が途絶えるのでいいんですがw
家族って何でしょうね。

母親が死んでも、兄が死んでも僕はきっと泣きません。

幼い時から家族のありがたみ、大切さ?が全く分からないんです。

親が死んだら悲しいんでしょうね、だから俺も涙流さなきゃって思ってますw

ほんとうにわからないんです。
ひとまず、これでおしまい。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。