27歳で1000万円の借金を自己破産 法テラス、弁護士、20代にもわかりやすく自己破産説明するよ!

2014年8月28日

俺の免責が決まった。自己破産をしたとき俺は27歳だった。

金額は約1000万円。

どうしてここまで金額が膨れ上がったのかは俺のプロフィールを見てください。

大学を卒業してから返済が始まったのだけど、低所得のため支払えず、待ってもらっていた。

ただ、待ってもらえない借金もあるので、支払っていたが

もちろん貯金はなし

最初はそれなりに楽しく一人暮らしをしていた。

途中からなんでこんな毎月

食費を抑えて

光熱費を抑えて

それでやっと友達と遊べるくらいしかお金がないんだろうと疑問が出てきた…。

本当に毎日毎日お金の心配ばかりで、

とうとう身体を壊してしまった。

働けなくなった俺は生活保護を受け、生活保護の際に区役所の方と相談して

「自己破産」

することにした。

下の自己破産までの経緯を見てください。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

自己破産までの経緯

2014年1月20日 区役所で生活保護の申請と同時進行で自己破産の相談

2014年1月21日 区役所で無料法律相談の法テラスを教えてもらい電話する

2014年1月23日 初めて弁護士事務所へ

2014年2月10日 弁護士事務所で自己破産できるか相談

2014年2月19日 初めて法テラスを訪ねる

2014年3月4日   法テラスと弁護士の代理援助決定する

2014年3月5日   破産に至ったこと、借金について詳しく弁護士と整理する

2014年3月17日 法テラスから弁護費用の償還猶予決定通知が届く

2014年4月30日 横浜地方裁判所に申し立てを行う

2014年6月24日 裁判所へ出頭する

2014年8月28日 免責(自己破産確定)が決定する

1000万円の借金を背負ってなお自己破産をするべきか迷った理由

自己破産というのは確かにメリットが大きい

1番のメリットは間違いなく

「借金がなくなる」

ということだ。もちろん厳密にはなくなったわけではないのだけれども、

お金の苦しさから解放されるのは心の余裕、人生として長く考えるなら

本当にありがたい。借金を背負った人にしかわからないかもしれない。

本当に毎日毎日お金のことを考えていた。

俺の場合は、借金のほとんどが奨学金だったので

周りと同世代がお金の苦労もなく、社会人になれたことがうらやましくてたまらなかった。

その話は別でするとして、メリットはまだある。

・毎月返済していた分の余裕がでる

・貯金ができるようになる

・心にゆとりができる

・お金のこと以外を考える時間ができる

・借金取りからの連絡がなくなる

・玄関、電話におびえる必要がなくなる

・もう一度改めて人生を生きていける

借金を背負ったひとによって悩みは様々にあると思う。でも、大きく解決できるはずです。

デメリットを考えることも重要です。ただ、俺はメリットを考えるべき。

とくに、俺みたいに奨学金の借金の人は絶対するべき。また親の借金、友達の借金など

いわゆるギャンブル、酒、恋人に貢いだとかではないのなら、なおさら自己破産を検討したほうがいいよ。(もちろんギャンブル等自己責任が大きい人も自身を変えたいなら相談するべき!)

長い人生、未来のために。

借金チャラの自己破産 デメリットもいっぱいあるよ

一番のデメリットは

「ない」

が正解だと俺は思ってる。だって、借金を背負ってる間苦しくてたまらなかったから。

自分の人生の最低さ、友達にさえ妬みを抱いたこともある。

そう考えるとデメリットではない。

ただ、現在30歳になって、生活が落ち着いてきて困ったことが出てきた。

・クレジットカードが作れない

・自動車、自動車免許のローンが組めない

・住宅ローン全部組めない

・ローン全般が全部だめみたい

・起業するのがかなり難しい

・JICC、CIC、JBAにブラックリストとして登録される

・官報に登録される

・たまに闇金融からの手紙がポストに入る

3年経った今、試しに楽天カードとauのローンに申請してみたけど門前払い。

次の日には「NO!!」のメールが届きました。

楽天カードは比較的審査が通りやすいカードでしたけどJICC、CIC、JBAにブラックリストとして登録してあるから審査落ちた。5年経ったらもう一度チャレンジしてみる。

CICは5年すれば記録が消えるらしいから。

auのローンだけど、実は俺はau歴15年。高い携帯料金をずっと払い続けてきたんだから通るかなと思ったのだけど、やっぱり審査落ちました。

加入歴とローンは別物と考えるべきだね。

最近になって、自動車免許が欲しくなって取りに行こうかなと思ったんだけど、

免許取るのって20万~30万かかるんだよね。だからローン…と思ったけど、

俺はできなかったと気が付いた。細かいことだけど、これはデメリットかも。

あと、起業しようと勉強していたときに

「過去の自己破産者は起業が難しい」

というのを本で読んだ。

理由は銀行から起業資金、運営資金を借りられないから。

たしかに、いますぐ始める人にとってはデメリットだな。

ただ、国から借りるのはできるみたい。良かったら政府広報オンライン確認

「http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201311/2.html」

んで、何気に心に負担がきたのは

郵便ポストにたまに入る闇金融からのラブレター

闇金融は自己破産した人にまた借金を背負わせようとしてくるから怖い。

闇金融は官報をみてお金がない人のところに手紙を送ってきますが

強く言いますが

「もう借金しないように!!」

お金がなくても生きられる強さを学んだはず。

自己破産後7年はもう一度自己破産できないからね!

友達に借金をしたら次は逮捕だよ!お金ないのに借りない!

返せないなら借りない!

ただ、またお金に困る日は出てくると思う。

自己破産したからといって、何もかも上手くいくわけじゃない。

だから、どうしても困った、市区町村の

福祉協議会

に相談すること。つなぎ融資というわけじゃないけど、お金を公式に借りられるよ。

ただ、体調を崩して、どうしようもないなら、

生活保護を受けること。病気なら、障害者年金も検討を。

人生は長い。また始めればいいじゃない。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。